今日の空は何色

のんびり珈琲でも飲みながら

結婚生活スタートで家を買ってはいけない

      2015/10/20

結婚することが決まり新居を考える際に、家を買う人が多いです。

親が頭金を出してくれるから
不動産屋に薦められて
長い目で考えると最初から家を買って住んだほうがお得
結婚したら家を買うのが夢だった

だいたいこんな理由ですね。

、、、、、

こんにちは、最近になってついに家を買ったモリカミです。
資金をなるべく貯める・減らさないことを考えると、
結婚後の新生活をどうするのかはとても大事ですよ。

、、、、、

結構お金を持っている親が全額出してくれる
ローンの利率が0%
家賃13万円以上

この3つのどれかに当てはまるなら、家を買っていいです。
でも当てはまらないのならオススメしません。

普通の人=自分のお金で買う人、には次の方法をお勧めします。

住みたい地域に、家賃13万未満(できれば10万未満)で住む。

1年以上住んだ結果「その地域にずっと住みたい」と思うのなら、
その地域の不動産物件の相場(一軒家かマンション)をコツコツと調べる。
ネットでみたり、不動産屋をめぐってみたり。

そして歩いてみて散策して、どんな路地、家、住宅街かを見て回ります。

そうしている間、無理のない節約をして生活します。
できたら副業も。
とにかくコツコツ貯める。

2年・3年と住み続けると、

だんだん「この辺りに住みたい」とわかってきます。

住宅展示場を見て回るのもいいでしょう。

すると自然と「自分たちが住みたい思う家」のイメージが固まってきます。
何を重視するのかも決まってきます。
たとえば、「静かな環境が大切」「お風呂が大きい」「駅から近い」など。

そして「この条件の物件なら幾らぐらいで普通」という「相場感覚」を持てるようになります。

家を買う時には、なるべくローンを組む金額を減らすことが大切。

そして「こんな家を買うんじゃなかった」と後悔しない買い物をすることも重要。

だから上で説明したような「賃貸住居での新生活スタート」をお勧めします。

家を見る目を養い、資金を貯めて、

「ここに住みたい」
「この物件でこの価格なら納得できる」

と即決できるようになること。

それに、家をローンで買う場合は一括で買った場合と比べて

ローンの利息
固定資産税

この2つを払わないといけません。
余計な出費、資産を減らす原因です。

僕がしたお勧めの住宅購入方法

  • 住宅を一括で買える金額を貯める
  • 東京スター銀行の預金連動型住宅ローンを使う。
  • 住宅の価格分を預金すると、ローンの返済利息は0%。つまり利息なし。
  • さらに、国の住宅ローン減税を利用する。

すると最大10年間で200万円分税金が免除されます。

これは「現金一括払い」よりも「200万円お得」ということ。
200万円分税金を払わなくていい = 手元に200万円残ります。

「ローンを毎月返済しないといけない」よりも
「毎年20万円得している」と思って生活できる方が、精神的にもお得です。

この記事はいかがでしたか?
参考になった、おもしろかったと思ったら
下のボタンをクリックしていただけるとブログの人気順位が上がります。
よろしくお願いします。

 - 貯蓄