今日の空は何色

のんびり珈琲でも飲みながら

副業で物販した収支の結果を公開

      2015/11/02

会計ソフトに入力したデータを使って、副業で物販をしたときの収支グラフを作りました。

、、、、、

こんにちは、グラフが右肩上がりでホッとしたモリカミです。
この利益のどれだけ税金がとられるのかと思うと少し憂鬱ですが、
今ではほぼ不労所得の状態なので文句を言ってはだめですね。

、、、、、

副業で物販をすると収入はどうなのか?、参考になると思います。

物販に使ったすべての費用を入れて計算しています。

物販の収支グラフ

マイナスから始まるのが物販

開始が2013年の12月。
このスタート時点でマイナスになっていますが、
これは物販のノウハウを教えてくれる塾の費用です。

物販はまず商品を仕入れるために「資金が減り」次に商品が売れたら「資金が増える」の繰り返しです。
そのためスタートはマイナスです。
なかなか売れない状況で新しい商品の仕入れを続けていくと、資金は減る一方です。
仕入れに使う費用と売れた金額が同じぐらいだと、グラフは水平になります。

グラフを見ると、
最初の2013年12月から2014年2月は商品の仕入れだけで収入はないために右肩下がり。

売れるには時間がかかる

2014年2月から2014年4月までは、少し売上があっても仕入れミスなどのミスがあり、ほぼ水平。
その後売上が仕入れなどの経費を少し上回りますが、「人気商品」がないので利益の積み上げはゆるやかです。

物販開始から約1年後の2015/1/20でまだ赤字。
そして2015年3月末になってようやく黒字に。

どうしたら売れるのか考える

この頃に販売を見直しました。
利益率の悪いもの、評価が良くないものは取り扱いをやめる、
比較的売れている商品の仕入れ数を増やすなど。
知り合った販売者からアドバイスをもらったり。

その効果がでてきたのが2015年5月中旬。
売れやすい商品が増えてきた結果、収益の伸び方がよくなりました。

最初にセンスは必要ない

僕には商品を売るセンスはないと思います。
要領のいい人、コツをすぐつかめる人は、もっと右肩上がりのグラフになるです。
同じ塾でスタートした人で今は僕の10倍を稼いでいる人が数人います(副業ではなく本業ですが)。

低迷時期が長かった僕ですが、それでも今ようやく「少し稼げる」程度には成長しました。

元を取るまでに14ヶ月。現在の売上の伸び方になるまでだと18ヶ月つまり一年半。

これで学んだのは

物販に必要なのは、資金正しいノウハウと「途中で諦めないで続けること」。

そして副業で始めることもポイント。
生活費は本業から出ているので生活には困りません。
これまでの生活レベルを維持しながら、家で過ごす時間の一部を物販に充てる。
テレビを観たりゴロゴロしている時間はなくなりますが「自分の力だけで稼ぐ」ためなら頑張れるものです。

余裕資金が30万円以上あり勤務時間が規則的なら、副業で物販を始めるのも1つの選択です。

利益より時間をとる

商品が売れるようになると、毎回仕入れる商品の数が増えてきます。
そうすると作業量も増えてきます。
仕入れた商品を検品し、梱包し、発送する作業。

Amazonのセラーセントラルを使ったAmazonでの販売なら、注文後の処理はすべてアマゾンがしてくれます。
それでもAmazonの倉庫に発送する作業があります。

すると
「利益が出るようになったけれど、自分の時間がなくなった。」
という状況になります。

これは嬉しい悲鳴なんですが、副業でやっていると「会社でも仕事、家でも仕事」である意味「ワーカーホリック」。

そこで僕は自分の時間を確保するために、作業のほとんどを人に頼んでいます。もちろんお金を払っています。
商品1個につき幾らという従量制で、毎月利益の半分ぐらいかかります。

結構な金額にはなりますが、その分僕がする作業は毎週1回の仕入れ商品の手配だけです。

他の空いている時間はこのブログの運営に使っています。

この記事はいかがでしたか?
参考になった、おもしろかったと思ったら
下のボタンをクリックしていただけるとブログの人気順位が上がります。
よろしくお願いします。

 - 稼ぐ