今日の空は何色

のんびり珈琲でも飲みながら

本当の勝ち組になるには

   

ここ数年「勝ち組」「負け組」という単語をあちこちで見かけますね。
僕はこの言葉が嫌いです。

ちなみに勝ち組とは、ウィキペディアから引用すると
「経済的に成功し社会的地位・信頼を勝ち得ている企業や個人の事」です。

、、、、、

こんにちは、最近自分でドリップコーヒーを美味しく入れることができた時ちょっと嬉しいモリカミです。

、、、、、

俺は負け組だ、あいつは勝ち組だ、
とへこんだり喜んだりすることがあるなら、
それは間違っています。

勝ち組=幸せな人、と考えていませんか?

実は経済的に成功、地位、名声をつかんだ人が幸せとは限りません。

あなたがなりたい勝ち組とは

ほとんどの「勝ち組になりたい」と思っている人は、「勝ち組になったら幸せになれる」と考えています。

皆がなりたい「勝ち組の人」とは、幸せに感じながら生活する人なんです。

本人が幸せに感じていれば、その人は勝ち組ということです。

他人がどう思うのかは関係ありません。

では、どうやったら幸せと感じるのか?

そのために参考になるのが次のことです。

学者マズローの「欲求について」

マズローの欲求5段階説という言葉をきいたことがありますか?
マズローという学者が「人間の欲求には5段階のステップがある」と発表した説です。

マズローの欲求5段階説

これがよく使われる欲求5段階説の図です。

これは
下の方にある欲求ほど、多く満たされたいと人は思う
自己実現の欲求は、他4つの欲求が(それなりに)満たされた上であらわれる
と見てください。

例えばマズローは

普通の人間は
生理的欲求は85%ほど満たされていて、
安全の欲求70%,愛の欲求50%,自尊心の欲求40%,
自己実現の欲求10%が満たされている

と言っています。

「それなりに満たされた上」とは人によって程度が違うということです。

よくこの図を

下の層が満たされるとその上の層が欲しくなる、
と説明しているところがありますが

この考え方は間違いです。

図の名前も「マズローの欲求5分類説」が正しいでしょう。

    参照元:
    マズローの基本的欲求の階層図への原典からの新解釈
    http://arch.luke.ac.jp/dspace/bitstream/10285/2806/1/kiyo35-2008028.pdf

各欲求について簡単に説明します

生理理的な欲求

生きていくための基本的・本能的な欲求(空気、水、食べ物、庇護、睡眠、性)です。

安全と保障の欲求

安全で安心できる暮らしがしたい欲求です。
住まいが確保されいて、体が健康である。

社会的欲求

何かの集団に属したい、仲間に加わりたい欲求です。
これが満たされない人は孤独や社会的不安を感じます。
国、会社、友達などですね。

尊厳欲求(承認欲求)

他の人から尊敬されたい、認められたいという欲求です。
これは経済的物質的にではなく、精神的な欲求になります。

自己実現欲求

自分の夢や理想を実現したい欲求です。
大雑把位に言うと、娯楽的なこと、自己表現などです。

5種類の欲求がそれなりに満たされていること

マズローの説は完璧ではありませんし、
今の時代には合っていない部分があります。

個人差、環境の差によっても違うでしょう。
そこで次のようにざっくりと解釈してください。

5つの欲求がそれぞれどれぐらい実現していると満足するのかは、人それぞれ

満足している=幸せと感じる条件は、人によって違うのです。

本当の勝ち組になるために

だから、自分が幸せになる=勝ち組になるための近道は、

5つの欲求それぞれで満足と感じるレベルをさがすこと

行動することです。

この記事はいかがでしたか?
参考になった、おもしろかったと思ったら
下のボタンをクリックしていただけるとブログの人気順位が上がります。
よろしくお願いします。

 - 仕事, 自己啓発