今日の空は何色

のんびり珈琲でも飲みながら

個人で健康診断を受ける

   

勤め先ではなく、自分で個人的に健康診断を受ける場合、どうすればいいのか・どんな感じなのかを紹介します。

検査項目次第

特殊な項目があると、健康診断を受けられる病院が限定されます。
まずは「地名 健康診断」でネット検索し、自宅から最寄りの病院をみつけます。
そして病院に電話して、検査項目について問い合わせます。
さらに

  • いつ受けられるのか
  • 診断結果はいつもらえるのか
  • 料金

この3つがわかれば、健康診断を受けられる病院がみつかります。

簡単で早い

僕の場合、徒歩10分のところにある病院で予約なしで11時半までに受付すれば診断できることがわかりました。
検査結果は当日中にもらえます。
料金は約13,000円。これは検査項目の種類と数によります。

参考までに僕が受ける項目は次の通り。

1.既往歴及び業務歴の調査
2.自覚症状及び他覚症状の有無の検査
3.身長、体重、胸囲、視力及び聴力の調査
4.胸部エックス線検査
5.血圧の測定
6.貧血の検査(赤血球数、血色素量)
7.肝機能検査(GOT,GPT,ガンマGTP)
8.血中脂質検査(LDLコレステロール、HDLコレステロール、血清トリグリセライド)
9.血糖検査
10.尿検査(尿中の糖及び蛋白の有無の検査)
11.心電図検査(安静時心電図検査)

ポイント

前日は夜21時までに食事を済ませ、それ以降は検査が終了するまで何も口にいれません。(水も飲みません)

お腹がすきますので、検査当日はなるべく早く検査を受けて終わらすのがお勧めです。

また、当日は健康保険証が必要です。

この記事はいかがでしたか?
参考になった、おもしろかったと思ったら
下のボタンをクリックしていただけるとブログの人気順位が上がります。
よろしくお願いします。

 - 健康