今日の空は何色

のんびり珈琲でも飲みながら

メキシコでもハロウィンがある

   

今日はハロウィーンの日。
ハロウィーン本場といえばアメリカですが、日本でもパレードがいろんな場所で行われます。

実はメキシコでもハロウィンが今日と明日あります。
その名も「死者の日」。

死者の日には家族や友人達が集い、故人への思いを馳せて語り合う。祝祭はカトリックにおける諸聖人の日である11月1日と翌日2日に行われる。地域によっては、10月31日の晩も前夜祭として祝われる。

市街地はマリーゴールドの香りに包まれ、公園には露店が立ち並ぶ。11月1日は子供の魂が、2日は大人の魂が戻る日とされ、供え物がチョコレートなどのお菓子からメスカルなどの酒に変わっていく。日本のお盆に近い位置付けであるが、あくまで楽しく明るく祝うのが特徴である。死を恐怖するのではなく、逆にあざ笑うというモチーフとなっている。

墓地にも派手な装飾が施され、夜間にはバンドによる演奏なども行われる。カボチャを飾り仮装をしてパーティを行うなど、ハロウィンとも共通する点が多くあり、実際にルーツは近似している部分がある。

ウィキペディアより引用

死者が家に帰ってくる、日本のお盆と同じですね。

それでおもしろいのが、正式な仮装は「ガイコツ」。

メキシコのハロウィンのパレード

まさに死者の日です。

この記事はいかがでしたか?
参考になった、おもしろかったと思ったら
下のボタンをクリックしていただけるとブログの人気順位が上がります。
よろしくお願いします。

 - 未分類