今日の空は何色

のんびり珈琲でも飲みながら

肝臓にやさしい生活

   

肝臓の病気「肝機能障害」になってしまうのは大きく分けて2つ原因があります。
生活習慣、そしてウイルス感染です。

飲み過ぎ、食べ過ぎ、偏食、運動不足が原因の場合、肝臓は脂肪肝、肝炎、肝線維化、肝硬変、肝ガンという順序で悪化していきます。

こうならないためには生活の改善が必要です。
肝臓にとって理想的な生活を紹介します。

1日3食を規則的に

食事がとれないことがあると、空腹になりすぎて、1食あたりの食事量が多くなり肝臓に大きな負担がかかります。

バランスよく

1食に主食1品(ご飯、パン、麺)、主菜1品(肉、魚、大豆製品、タマゴ)、副菜2,3品(野菜、海藻、きのこ)をそろえ、ビタミン・ミネラル・良質のタンパク質・食物繊維などを積極的にとりましょう

腹八分目

食べ過ぎは肝臓に中性脂肪がたまり、脂肪肝を起こす原因になります。

油物や脂質を取り過ぎない

中性脂肪として肝臓にたまるため控えめにしましょう。

栄養剤やサプリメントを取り過ぎない

これらは薬と同様、肝臓に大きな負担がかかったり、アレルギー反応を起こして薬剤性肝障害を発症することもあります。必要以上にとりすぎないようにしましょう。

適度な運動をする

運動不足は食事などからとったエネルギーを十分消費できなくなり、中性脂肪となって肝臓にたまります。1日8,000歩を目標に体を動かしましょう。

適度な飲酒

週に2日はお酒を飲まない休肝日をつくり、適量を守りましょう。
1日に日本酒なら1合、ビールなら中便1本、ワインならグラス2杯程度です。女性の場合にはこの半分程度です。
アルコールを肝臓が解毒するには約3時間かかります。

十分に睡眠をとる

睡眠中に成長ホルモンが分泌され、ダメージを受けた肝細胞を修復します。そして肝臓の代謝活動が抑えられ、肝臓の免疫力が高まります。

この記事はいかがでしたか?
参考になった、おもしろかったと思ったら
下のボタンをクリックしていただけるとブログの人気順位が上がります。
よろしくお願いします。

 - 健康 ,