今日の空は何色

のんびり珈琲でも飲みながら

意外と知らない お金の表裏

   

コインを親指で弾いて上にあげ、手で受け取って表か裏かを予想するシーン、テレビで観ることがありますよね。
これをコイントス(Coin Toss)と呼びます。
英会話ではCoin flippingまたはcoin tossingといいます。
紀元前一世紀頃のローマですでに賭け事として行われていました。

コイントス1
コイントス2

ではコイン(硬貨)のどちらが表でどちらが裏なのでしょうか?

日本円の場合には、年号が書かれているほうが裏です。
現在日本で流通しているのは、1円、5円、10円、50円、100円、500円。

1円玉5円玉10円玉50円玉100円玉500円玉

紙幣は金額が漢字で書かれている方が表です。

英語では表がheadまたはfront、裏をtailと言います。

確率

またコイントスで表が出る確率と裏が出る確率はどちらも2分の1です。
これは当然ですよね。

では9回続けて裏が出たとき、
10回めで裏表のどちらが出るかを賭けるならば
「表が出る方」に賭けたほうが有利でしょうか?

答えはノー。確率は2分の1です。9回まで何が出ていたのかは関係ないのです。

自分で話を否定するようですが、
実はこのコイントスの確率は2分の1ではなく、練習すると自分が好きな方を出せるという研究結果が、2009年12月7日に発行されたカナダの医学誌「Canadian Medical Association Journal(CMAJ)」で発表されました。
自分で決めた面を出すコツは、高さ、速さ、コインの回転数、コインをキャッチする方法をうまくコントロールすることだそうです。

こうなると、コイントスをした人が裏か表かを言うのはマズいですね。

コイントスの場面がある映画

バッドマンのダークナイト:このシーンでは硬貨はどちらも表の模様です。

ノーカントリー:2007年製作のアメリカ映画。麻薬取引の大金をめぐるサスペンス。

HUNTER×HUNTER劇場版緋色の幻影(ファントム・ルージュ):少年ジャンプで連載されていた漫画ハンターハンターの映画。この漫画は休載が非常に多くて1999年以降は毎年10回以上休載しています。現在も2014年37、38号合併号の掲載以来休んでいます。

43人のコイントスでオーケストラ

最後に面白い動画。

一体、何回練習をしたのでしょうか?

この記事はいかがでしたか?
参考になった、おもしろかったと思ったら
下のボタンをクリックしていただけるとブログの人気順位が上がります。
よろしくお願いします。

 - 未分類